製品紹介

BR トンプソンクラスB1 &B1 メイフラワー

予約での購入がお得です!
なおLNER仕様は特注品なので予約販売しかできません。
在庫品の場合価格に海外送料と通関税が加算されます。

予約販売価格
キット(黒)¥330,000
キット(緑)¥360,000
キット(緑LNER)¥395,000(予約販売のみ)
完成品(緑黒共に)¥490,000
(表示価格は全て税送料別)

(B1トンプソンクラスの歴史)
LNERのチーフメカニカルエンジニアであるエドワードトンプソンによって設計されたロンドンおよび北東鉄道(LNER)クラスB1 4-6-0は、一般旅客および貨物業務に使用される車輪配列が2C(4-6-0)の貨客両用エンジンでした。1942年に導入されたLNERの274は、1948年に国有化された後、英国鉄道により136番に変更されたりしています。
このエンジンは、非常に成功したGWRホールクラスおよびLMSスタニエのブラックファイブと同じコンセプトで、2気筒の貨客両用の4-6-0をLNERでも採用したく企画されました。しかし企画時は、戦時中および戦後だったので、LNERも他の鉄道会社同様に潤沢な資金を投入する事は出来ず、結果、あらゆる部分でコストを削減が図られましたが、生産時期が1942年から53年までと言う戦中戦後と言う期間、410台の総生産数を鑑みると成功した部類の汽車と言えるでしょう。

現在、それらは、No。61264とNo. 61306の2つの番号が保存されています。
北イギリス機関車会社は、No. 61264を建設し、1948年に英国鉄(British Railways/BR)が所有権を取得するまでLNER No. 1264として運用していました。 この汽車は、1973年にスクラップにされず、トンプソンB1機関車トラスト(公益信託基金)によって復元(オーバーホール)されました。

1948年に建設された第61306号は、企画設計時はLNERの所管でしたが、完成と同時に、統合され国有化された英国鉄道に納入されました。
納品間もなくの期間は、British RailwaysのロゴにLNERアップルグリーンの塗装が施されましたが、その後は通常の黒い英国鉄の標準的塗装に戻され1967年まで活躍しました。

その後このエンジンは、保存用として個人の収集家に購入され、LNERが国有化されていなければLNERに割り当てられていた番号1306が付与され、再びアップルグリーンに塗装されました。メイフラワーという名前は廃車されたBRのトンプソンB1の61379から取られました。ですからLNER由来の1306と言う番号のMayflowerのモデルは、外観的には架空の物です。

その後2014年にA1機関車トラストによって北ノーフォーク鉄道に移管されオリジナルのアップルグリーンに英国鉄のレタリング姿に戻されました。2019年の夏、保存されたメイフラワーは、52年ぶりにロンドンのウォータールー駅から運行する最初の定期運行サービスエンジンとなりました。
オーバーホールと検査終了後、最初の営業走行は、2019年2月2日の土曜日にSR のマーチャントネービ No. 35018と重連で行われ、61306はロンドンのイーストン駅からからカーライルまで営業運航をしています。

又今年(2019年)の夏からはウォータール駅からウインザー&イートンリバーサイド駅まで火曜日限定で、3回ワンウェーで、主に団体旅行用のサービスに付いていました。これはLondon起点の最初の蒸気機関車による定期的サービスで52年振りのサービスとなりました。

縮尺 1番ゲージ(45mm) 1/32  
総重量 4.6kg(乾燥重量) 
全長 595mm 
全幅 90mm 
全高 125mm 
車輪配列 4-6-0(2C)10 WHEELER 
動輪径 58.8mm 
先従輪径 30.2mm 
炭水車車輪径 35.8mm 
自動給水ポンプ Bore 5 mm × Ram Stroke 6 mm  
シリンダー 2 気筒ピストンバルブ (ボア 13 mm x ストローク 22 mm) 
弁装置 ワルシャート  
ボイラータイプ Cタイプボイラー (大煙管2、小煙管3) 
缶水容量 300cc at 80%full 
ボイラー装備 2 x 安全弁, 圧力計, 水面計, 加減弁, 通風弁, 逆止弁,バイパス弁、排水弁, スーパーヒーター  
給油装置 ロスコー式  
炭水車 水槽容量250ml ・ハンドポンプ標準装備(BORE 11 mm × STROKE 12 mm 
燃料容量 容量240ml (at 80% full) 
回転最小半径 2m 

このページのトップに戻る